28日 11月 2020
 「我慢の3連休」が終わり今度は「勝負の3週間」が始まりました。今まで以上に気を引き閉めないといけないと思っていますが、具体的に何をしたらいいのか?今一わかりません。私の日常はほぼ一人で作業をしている状態ですから、これ以上はどうしようもないからです。ですから買い物の時間をなるべくオフピークに持っていったり、帰ってからの手洗いの徹底をいつもよりもっと意識することで乗り越えていきたいと思います。  さてさて、ここ最近少しずつですがアトリエの整理整頓を開始しています。作品を描き貯めていたのでそれらを仕訳して、大きさや制作年を意識して仕訳しています。今まで、描けば乾燥も兼ねてその辺に広げていた作品たちです。どれもかわいい我が子、一人ひとりに小部屋をつくってあげました(*´∇`)。段ボールに切り込みを入れて紐を通し、作品同士がくっつかないように仕切って順々に入れていきました。  すっきりして、ビックリです(笑)まだまだ、古い段ボールをまとめたり、額を整理したり掃除機かけたりしないといけないのですが...(^o^;)何度かに分けてやっていこうと思います。普段気にも止めないアトリエの乱雑さですが一旦火がつくと掃除欲が出てきてしまいます。今が私にとってその絶頂期のようです!この期を逃さず居心地の良いアトリエにしようと思いました。
24日 11月 2020
 GO TO...
21日 11月 2020
 最近になってどんどん感染者が増えていてもう誰がコロナにかかっても不思議ではないような気がします。一時は外で飲んでいる方や夜のお店関係の方々が肩身の狭い思いをしていてようですが、感染が進み今一度気を引き閉めてできることを最大限にやる...それだけが自分達にできることですから。一面吉報はインフルエンザの流行がまだ収まっているということです。普段以上に皆さんが手洗いうがいをしているためのようです。ですが同じような対策をしているのにコロナはおさまらない...感染力の差なのか私達の盲点になっているような感染経路があるのでしょうか?  されとて、時間はどんどん進んでいきます。巷ではツリーが飾られお正月のお飾りも少しずつ出てきました。私も早々に年賀状を購入しました。もちろんいつも通り作品を印刷して出すつもりです。年賀状を出す習慣はどんどん減ってきているようです。毎年年賀状の売れ行きが下がっているということを聞きます...が今年は別?かもしれません。話題のアニメ「鬼滅の刃」とコラボした年賀状やジャニーズの嵐がとコラボした年賀状の売れ行きが好調といいます。誰かに出すというよりも、自分でコレクションするため?という感じは否めないのですが...(^o^;)  文字と絵は親戚のようなものです。象形文字は絵から生まれたということは周知の事実です。文字離れが進むと絵離れも進んでしまうんじゃないかと心配性の私は思ってしまうのです。皆さんは年賀状を出しますか?今年はコロナの影響で人と会う機会が減っています。会えない方々にせめてご挨拶をしたいそう思って年賀状を出そうと思っています(*´∇`)
19日 11月 2020
 11月も半ば過ぎだというのに季節外れの暖かさが続いています。過ごしやすい陽気ですが、温暖化の影響かなあと思うと少し怖い気がします。紅葉の色づきも少し足踏み状態?ですがそれでも桜の葉は紅くなり、落ち葉を踏み締めるカサカサという音が聞こえます。朝、落ち葉を掃く方々も多くなってきました。...
16日 11月 2020
 一時は入手困難、メルカリなどで価格高騰し転売禁止にもなったマスクですが、最近ではどこでも簡単に手にはいるようになりました。我が家でもストックが何箱かありマスクは段々高級化してきているようです。国産が良いだ、某メーカーの物が機能が良いとか色々いわれています。果てはスパンコール付きの物が出来たり、鬼滅の刃の模様の物が売れていたりとなんだか贅沢を言うようになってきました(笑)  TVで話題になっていたものでちょっとぎょっとした物があります。どこかの国のアーティストが作っているというものです。着ける方の顔半分がリアルに描かれているマスクでした(@_@)。日本と違ってマスクを着けることになれていない欧米人は「マスク=不審者」という感覚が根強いと聞きました。日本人は眼で人の感情を読もうとするのにたいし、欧米人は口許を重視しているらしいとも聞きました。でもそのマスクをつけている顔は...コレデヨイノダロウカ...と思ってしまうようなもので思わず吹き出してしまいました(笑)  リアルに描かれているのです!とってもリアルで顔の色や髭もしっかりと再現されているから余計におかしい!目の表情と、口許が一致しないし、話しているのに口は閉じたままというのもなんだかなんだか...わははでした。一定の需要があるということなので、ただのマスクより良いということなのですね。アーティストの意図はマスクによって喪失された私達のアイデンティティーを復活させようというものです。日本人よりも自己を重視する国であったユニークな取り組みです。
13日 11月 2020
 植物や花を主題にして作品を描いてる私ですが、自分でなにかを育てるという経験があまりありません。どうもなにか生きている物を育てるということに臆病で、植物だけでなく動物も育てることに躊躇しています。...
10日 11月 2020
 立冬も過ぎて今週からはどんどん寒さが増して来るということです。風邪をひいてもコロナと間違われそうな今年はいつも以上に気をつけて免疫力を高めた生活を送らないといけないようです。早いところなんとかなってくれないかなあ~と考えながら制作しています。...
07日 11月 2020
 今年の春は緊急事態宣言が出るかでないか?の混乱のなか、お花見もままならない感じでした。上野公園の桜並木が閉鎖されているニュース映像はひどくショッキングで今も記憶に残っていますし、その後も各地で人が来ないようにと花畑が斬り倒され、イベントが中止され、外に出ることが悪いような気にもなりました。...
05日 11月 2020
世間はアメリカの大統領選の話題で持ちきりです。。トランプ氏かバイデン氏か?どちらが勝つのかわかりませんが、今回は結果がでるまで長引きそうな予感がします。日本国内で日本の選挙よりも話題になっているのがとても皮肉な感じがします。日本は直接国の代表を選ぶような仕組みではないためなのでしょうか?一概にそうも言えないような気がします。...
02日 11月 2020
 10月31日のハロウィンは月のきれいな夜でした。心配されていた渋谷の騒ぎもなかったようで日本人の自制心に頭が下がります。いつもは文句をつけられることが多い最近の若者というフレーズ、言っていた人々はこの日の彼らに謝ってもよいのではないか?と感じてしまいます。私はハロウィンだからなにということもなくただただ月見を楽しみました。本当に幻想的で美しい満月でした。  さて月も変わって11月です。今年も二ヶ月をきってしまいました。昨日私はいつもお世話になっている柳画廊で開催中の有田巧先生の個展を見に行きました。有田先生は日本に数少ないフレスコ画の画家で今回2度目の個展です。私は彼の描いた天使の作品が気になっていました。私の大好きな宗教画家・ピエロ·デラ·フランチェスカの天使の顔だったからです。もしかしたら有田先生も彼の影響をうけているのかしら?と思いつつ見に行きました。  有田先生は在廊していました。フレスコをなさっているからガテン系の体格かと思いきやシュッとした穏和な雰囲気でたくさんの事をお話しできました。作品に登場するバラは奥様が育てられたものだそうで愛情一杯に描かれていました。天使の事を聞くとやはりとても好きな画家の一人だとの事でした。静謐な印象の作品に共通点が感じられます。たくさんの鳥や、トナカイ、犬や猫の作品にとても気持ちが良くなりました。

さらに表示する