10日 8月 2022
 夏を代表する虫といえばセミです。そのセミも昼間の暑さには敵わないようで、朝夕の方が元気に鳴いています。セミの鳴き声...鳴き声といっても羽根と羽根を擦り合わせて音を出すそうですから、喉を通した音ではないということです。だからぎーぎーというかびーびーというかとても特徴的な音になるのですね。...

08日 8月 2022
 暑い夏が戻ってきました。ここ数日少し涼しい日が続いたので暑さが身にこたえるように感じています。今日は朝から2回も救急車のサイレンを聞きました。熱中症は以外にも屋内で起こることが多いのだということです。昼間の脱水症状が夜に身体を蝕むということでしょうか?とにかく水分塩分が大事です。...

05日 8月 2022
   キノウノアメハスサマジカッタ...(^o^;)思わずかたことになってしまうくらい(笑)激しい雨が打ち付けました。そのお陰で今日は朝から涼しく久しぶりに汗を流さずにアトリエに行くことができました。アトリエは外よりも暑く空気がこもっていましたが...急いで先ずは窓開けです。...

03日 8月 2022
 連日連夜の酷暑でときどき道路が歪んで見えます...。自転車のハンドルカバーがベタつくのはもしかしたらゴムが溶けているからかしらん...(^o^;)。去年まではエアコンのタイマーをつけて眠っていたのですが、今年は朝までフル稼働です。エアコンが止まる度に暑くて起きてしまい、これならつけっぱなしの方が電気代がかからないのではないだろうか?という考えに至りました。  そんななかでも、個展への準備が少しずつ進んでいきます。お世話になっている銀座柳画廊の方々が製作中の作品カタログには私の挨拶文も掲載される予定です。そのために個展にかける思いや、制作時の考えなどを文章にしなくてはいけません。あまり得手ではない分野です。ブログの時は気のむくまま少々飛躍した表現で文を書いても気にしません。半分開き直って?書いています。しかしそれがしっかりと形に残るとなると熟慮が必要です。読んで下さる方に分かりやすく、作品に興味を持っていただけるように書かねば!...と気合いだけは充分です。  文章は書いた後少し置いて客観的になって読み返したり、他人にも読んでもらったりします。当たり前ですがその方が絶対に空回りした、独りよがりな文章になりませんから...。  暑い中、蝉も暑くてなかなか元気がないような気がします。私も体調には気を付けてそのなかで精一杯頭を使って語彙を捻っています(;^ω^)。 松沢真紀個展予定 10月7日(金)~15日(土)銀座柳画廊(詳細は追ってお知らせします。)

01日 8月 2022
   8月に入りました。まだ8月...暑さが厳しいのでもうとっくに盛夏という気分ですが、まだまだ夏は続くようです。連日の猛暑酷暑ですっかり地球は暖まってしまったように感じます。ヨーロッパでは40℃を越す日もざらにあるということです。体温より高い...血液が沸騰してしまいそうです(;´Д`)ハァハァ...

29日 7月 2022
 初めての経験というものはいつでもちょっと緊張し、前日から落ち着かないものです。それが良いことであっても、悪いことであっても...。私の昨日の経験ははたして良いことだったのでしょうか?悪いことだったのでしょうか?...

27日 7月 2022
  昨日は凄まじい雨が降ったと思ったらカンカン照りそしてまた大雨と、一日世話しなく天気が変わっていました。レインコートを着たり脱いだり...暑くて蒸れたレインコートほど気持ちの悪いものはありません。どこかのTV番組でこんな状態を見たなあ~あのときは笑っていたけれど、自分に置き換わるといかに大変かわかります。...

24日 7月 2022
   まだ7月ですが、盛夏という響きがふさわしい暑さが続いています。子供たちも夏休みに入ったようです。街は部活の大会?に向かう集団や、遊びにいく若い人たちでいつもよりも活気ついています。今回は自粛要請のない夏休み...といってもコロナ・オミクロン株のこともありますしちょっと複雑な気持ちです。  ...

22日 7月 2022
 今日、雨がスコールのように降った早朝のアトリエで私はちょっと空を見つつ心配していました。なぜなら今日は作品の搬出作業があったからです。もちろん、秋に行われる銀座柳画廊での個展のためです。これは同時に作品展に出す作品を決める日でもあります。...

20日 7月 2022
 あつーあつー、卵がボンネットで焼けてしまいそうな夏がやって来ました!最近では扇風機付きのジャケットが流行っているようで、外でお仕事をしている人たちは皆さん着ています。なかにモーターが入っているのでしょうか?近くを通ると結構音がしてぎょっとしますが、モーターや電源はどのくらい持つのでしょうか?ちょっと興味があります。近所の子猫たちも最近は出てきません。朝から暑いので出たくないのでしょう。毛皮をまとっているようなものですし地面に近い生活をしている彼らは私たちの数倍暑いと思います。  さてさて、いよいよ個展のための作品を運び出す段取りとなりました。今週はそのために画廊の方々と連絡を密にとっています。そして、アトリエの片付けと作品の整理をえっちらおっちらしているのです。作品搬出は気を使う作業です。ぞんざいに扱って、作品に傷をつけたら困ります。額装は画廊で行っていただくので、むき出しの作品を運びます。大きな作品はプチプチにくるんで運びます。  一般的な展示よりも作品搬出は早めです。なぜなら作品カタログを制作してもらえるからです( ☆∀☆)!柳画廊の展示では毎回企画展のたびに作品カタログを作っています。私も様々な作家のカタログを見ることができるのでとても楽しく感じます。カタログはスタッフの方々が丁寧にデザインして製作してくれます。いつも上品でセンスのよい画廊の雰囲気にあったカタログだと思います。  私も今回で3冊目(柳画廊の個展と丸善の個展と今回の個展)のカタログです。どんな出来映えになるのでしょうか...作品搬出は無事に済むのでしょうか...今週は色々ありそうです。

さらに表示する