個展への道 in 銀座柳画廊

 昨日は銀座柳画廊で「銀座柳画廊25周年記念展」のオープニングパーティに参加させていただきました。笠井誠一先生、岡野博先生など重鎮と呼ばれる大先生方に交ざってとても充実した時を過ごすことが出来ました。私はワインを頂いてちょっとよい気分ふわふわしながら帰路につきました。

 さて今日は、今度の個展のために描いた作品のご紹介をさせていただきます。今回の展示では二枚100号(130×165cm)作品を展示します。これはその一翼にあたる作品です。

 「花盛り」F100号で油彩の作品、私の好きなモチーフ、桜を画面一杯に描きました!長津田駅から少し歩いた川沿いを続く桜並木の作品です。遠くに横たわる橋以外は一面の桜、さくら、サクラ、sakura...大きな作品ですから迫力があるものになったと思います(^∇^)

 大きな作品は描いていてとても楽しいのですが、体力を使います。手をいつもの三倍くらい動かして、座ったり、立ったり、中腰になったり(これが一番辛い...)大学を出てから数えるくらいしか描かなかった大作。描けてよかった♪飾る場をいただけてよかった♪観てくださる方々がいらっしゃる♪本当に嬉しくて仕方がない今日この頃です(^∇^)